家庭教師の働き方と需要について

大学生の人気のバイト先として、家庭教師のバイトがあります。生徒の家を訪ねて勉強を教える場合と、オンラインで自宅などから勉強を教える働き方に分かれます。どちらも働きやすい点がありますので、詳しくお伝えします。

教え方の移り変わり

家庭教師が、生徒の自宅を訪ねて直接指導をするのは、ごく一般的な働き方の姿でしょう。オンラインでのやり取りが発達する前は、このスタイルしかなかったのではないでしょうか。そもそも、家庭教師とは裕福な家の子どもに向けた指導方法であった時代もありましたが、大学生のバイトが増えてきたこともあり、家庭教師という職業が身近になってきました。プロの働き方として活躍する方をはじめ、大学生のアルバイトでの対応も多く、それぞれが活躍しています。

直接指導型の家庭教師

生徒の自宅を訪ねて指導する方法ですと、自宅から通える範囲の生徒の自宅へ行くことになります。交通費は、学習指導料とは別に支給されることが多いです。家庭教師は、プライベートの指導ですので、生徒と講師のフィーリングが合わなければなりません。単に自宅から近いからと言って、指導が可能になるかといえば、そういう事はありません。事前に体験学習のセッティングや面談などが行われて、実際に指導が可能か検討されます。生徒側からの申し込みがあった場合に、指導が始まる流れになります。

カリキュラムの検討と対応方法

家庭での指導を申し込む場合は、グループ授業をする一般的な塾には参加しない事情があることが多いです。スポーツなどのクラブに所属していて、練習があるために塾に行かれないなどの時間的な拘束がある場合。または、すでに大手の有名塾に通っているがその塾の成績が伸び悩み、少しでも成績を上げたい場合もあります。学校の勉強が遅れがちで、友達と接するのが少し苦手で、塾に行きたがらずに家庭教師を選択するということもあります。このような状況を少しでも改善するために、家庭教師への依頼がかかったということから、状況に応じたカリキュラムを派遣の本部と相談しながら決めていく必要があります。そのためには、ヒアリングなどの聞き取りをしっかりと行い、何を望んでいるかを聞く必要があります。指導の成果が出るのは、数か月後の事ですのでしっかりと対応していくようにしましょう。通い型で指導する場合は、じっくりと一人の生徒と向き合えるため、成果を共有できるなど、やりがいを感じるシーンが多いです。

オンラインでの指導対応も魅力的

オンラインでの指導に最近では需要があります。Webを通して事業を行いますので、自宅から遠くの生徒への指導も多くあります。オンラインでは、顔がしっかり見えるものの、表情が読み取りにくいですので、理解度の確認などには細心の注意を払う必要があります。自宅からも対応できることが多いですので、1日に数件の授業を受け持てるなど、効率的に働くことができます。